『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『山田的クローン生活』
『頑張れ』 〜第7音〜


小学生の時「頑張れって言わないで」という詩を書いた
頑張ったってお腹は痛いし
頑張ったって退院は延びて行く
頑張ったったって食べられないし
頑張ったって皆んなにおいていかれる
「頑張ったって、どうにもならない事ばかりなのに、それでも私に頑張れと言うのか…」
「頑張れ」って大キライ
私は絶対に「頑張れ」なんて使わない
相手に無責任な指図はしない

結婚して子供ができた
お腹が痛くてもミルクをあげた
お腹が痛くてもオムツを替えた
お腹が痛くても抱っこした
お腹が痛くてもどうしようもなく愛おしかった

頑張らないとこの子はどうなるんだろう
頑張るのをやめても自分は生きていける
頑張るのをやめたらこの子は生きていけない
もう、私ひとりの人生じゃない
自分勝手に諦められない
自分勝手に終われない
「頑張らないと仕方ないことばっかり…」

ひとりじゃないって事は
あなたのために「頑張る」こと
ひとりじゃないって事は
あなたのために「頑張れる」こと

「頑張れ」ってステキかも
もう、そろそろ
「頑張れ」って使ってみようかなー
スポンサーサイト
【2013/08/10 16:30】 か~よの日記 | コメント(0) |
『第2回IBD炎症性腸疾患市民公開講座』
『市民公開講座』
福岡大学筑紫病院
第2回 IBD(炎症性腸疾患)センター開設記念市民公開講座

 平成25年6目2日(日曜)   
  13時30分~16時

場所  JR九州ホール
   福岡市博多区博多駅中央街1-1
     JR博多シティ9F
定員   ●500名(先着順)
事前受付期間  
  '平成25年5月20日(月)まで
 ※定目になり次第、締め切りとさせて頂きます
. ▼下記お申し込み込み先までいずいずれかの方法で甲込下さい.
☆FAXてお申し込みの場合
 甲込用紙にご記入の上送付下さい。
★お電話またはEメールで申し込みの場合
住所、氏名、連絡先等必要事項をお伝え下さい。
   ※ご応募頂きました個人情報は、
    参加証の発送・今後の市民公開講座のご案内にのみ、使用させて頂きます。

①基調講演
 座長:松井 敏幸(福岡大学筑紫病院消化器内科教授)
       テーマ1:『こんな時どうする?
              ~妊娠・出産、インフルエンザワクチンなど~』
       テーマ2:『ここが知りたい食事療法!』
       演 者:花田 輝代(福岡大学筑紫病院栄養部主任)
②パネルディスカッション
       テーマ:炎症性腸疾患の治療と生活の質
              ~あなたと考える治療~

座 長:松井 敏幸(福岡大学筑紫病院消化器内科教授)
パネラー:平井 郁仁(福岡大学筑紫病院消化器内科講師)
     櫻井 俊弘(町立芦屋中央病院院長)
     二見喜太郎(福岡大学筑紫病院外科診療教授)
     大村久美子(同院 皮膚排泄ケア認定看護師)
     花田 輝代(同院 栄養部主任)
     中山 泰男(九州IBDフォーラム代表)
     
※当日、個別相談会も開催します。(事前予約制)


下記お申込先までいずれかの方法でお申込下さい。
お電話又はE-mailでお申込みの場合は、下記事項をお伝え下さい。

ふりがな)
(年齢)氏 名
連絡先住所

TEL(      )  -
FAX (      )  -
E-mail
ご本人以外で参加ご希望の場合枚数をお書き下さい。
※参加証を発行しますので、お名前と年齢も合わせてご記入下さい。

      枚
(氏名)(年齢)  
(氏名)(年齢)
(氏名)(年齢)
申込締切日:平成25年5月20日(月)
※定員(500名)になり次第、締め切らせて頂きます。

〈主催〉            
福岡大学筑紫病院消化器内科         
後援/福岡市、福岡県筑紫保健福祉環境事務所
   福岡大学筑紫病院消化器内科同門会
   福岡IBD友の会
   IBDネットワーク、九州IBDフォーラム
〈参加受付問い合わせ先〉
   ㈱JTBビジネスサポート九州(ICS営業部)内
   IBD(炎症性腸疾患センター開設記念市民公開講座 運営事務局
    〒810-0072 福岡市中央区長浜1-1-35 新KBCビル6F
TEL 092-751-3244 
FAX 092-751-3250          
  E-mail: bskics@kys.jtb.jp
【2013/05/15 08:34】 トピックス | コメント(0) |
『新T病院開業の混乱』
T病院開業して1週間後に、診察に行きました。
まあ~だんどり悪るすぎ。機械が導入されて新しくなってもそれを扱う人を教育する時間がなかったのかなぁ
受けを済ませると、採決で長蛇の列。受付だけで30分、血を取ってもらう人がすごく並んでいる。
採血する看護師さんは1人、増えたくらいだから時間がかかる。
 やっと私の番が来て、「わたし、レミケだから前は直接内科で採ってもらっていましたが、こちらでしなければいけませんか?」
看護師さんは電話をかけ、私は内科いかされそこで採血することができたのですが
この待ち時間は無駄そのもの。
 私が立って持っているときも、後ろに足の悪いおじいさんがずっと立っていてきつそうにしていたから、係りの人に「おじいちゃん、横にいすが空いとうちゃけん、座ってもらったら。もう1週間もたっとうのだから、少しは工夫したらどうですか?」言ったら、上司を連れてきたみんなをいすに座らせていた。
いや~これぐらいわかれよ。
~というわけで採決は結果が出るのが早くなってこれだけは感心した。そのおかげで診察も早くを終わりレミケも打って、混乱もあり時間的にはちょっと長くなったが終わりました。やれやれ。
では
                                   はかたん
【2013/05/15 07:55】 お知らせ,行事 | コメント(0) |
『合同患者会のお知らせ』
皆様いかがお過ごしですか?
事務局の山田です。
今年度の患者会の開催予定日が決まりましたので
取り急ぎ、日程のみお知らせします。
テーマ及び詳細が決まりましたらまたお知らせします。

平成25年7月27日(土)
10:30〜15:00
場所:九州厚生年金病院
テーマ:未定

【2013/05/15 06:49】 お知らせ,行事 | コメント(0) |
『合同患者会のお知らせ』
『合同患者会のご案内』
平成25年度 合同患者会開催のご案内
~福岡IBD友の会&九州厚生年金病院~

日時:平成25年2月16日(土)
   10:30~15:30
   (10:00より受付)
会場:九州厚生年金病院 3階 講堂
参加費:500円(資料及び弁当代として)

【1】医療講演
   「レミケード時代の栄養療法」

【2】試食会 松花堂弁当 おなかに優しいメニューの工夫

【3】交流会
    ①病気と上手に付き合うためには
    ②今!聞いてもらいたいこと・聞きたいことQ&A

申し込み:福岡IBD友の会事務局
     TEL・FAX 093-631-6566
     Email ibdfukuoka@yahoo.co.jp

     ※氏名・連絡先・参加人数・お弁当の数を
      お知らせください。
     ※対象は会員としていますが、当日の入会もOKです
【2013/02/14 08:56】 お知らせ,行事 | コメント(1) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。